銀行系のキャッシングの特徴

銀行系のキャッシングの特徴について

銀行系のキャッシングの特徴について

銀行系のキャッシングは、全体的に有利だと考えられます。

 

まず金利についてですが、他の金融機関のサービスよりも低い傾向があります。金利が低ければ、利息が安くなりますから融資としては適していると言えるでしょう。融資では利息がもっとも大きな手数料となってきますから、これが安いメリットは大きいと考えられます。

 

次に、極度額が大きいという特徴があります。他のキャッシングに比べるとかなり多く借りる事ができるという特徴があります。これがなぜなのかというと、法律の規制が影響していると言えるでしょう。銀行以外のキャッシングというと、すべて貸金業者という分類になります。貸金業者は貸金業法に基づいて運営しなければなりませんが、この貸金業法では総量規制が導入されています。総量規制では、年収の3分の1までしか借りる事ができないと決められていますから、簡単に言うと銀行以外では多く借りる事はできないのです。

 

銀行系のキャッシングではこのような規制がありませんから、法律上は年収に関係なく借り入れをすることができます。ただ、審査はそれぞれの銀行が独自に行いますから、審査に通らなければなりません。この審査は、貸金業者よりも厳しい傾向にあると言えるでしょう。これが銀行系のキャッシングのデメリットで、誰でも利用できるというわけではありません。

 

審査に通るためには安定して収入があることを示さなければなりませんから、少し厳しいのは仕方のない事です。


ホーム RSS購読 サイトマップ