キャッシングの基礎知識

キャッシングの基礎知識〜お金を借りる前に知っておきたいこと

消費者金融の代表的な借入法はキャッシングとカードローン

私たちの普段の暮らしの中では急にまとまった額のお金の必要性に見舞われるケースが度々舞い込んでくるものです。

 

そういった時に慌てて親や友人などにすがりついてしまっていては近しい人からの信用も無くしてしまいかねません。そんな事態を回避するためにも、お金が不足してどうしようもない時にはあくまで自己責任のもとで借り入れが行える消費者金融を活用するのが最も効率的と言えるでしょう。

 

消費者金融における代表的な借り入れ方法にはキャッシングとカードローンがあります。
これらがどういうものかと言うと、まずキャッシングは店舗窓口、電話、インターネット、メールなどの手段を使って利用申請を行い、これらの内容を吟味するために消費者金融側が厳密な審査を行った上で最終的な融資の可否が判断されます。申請時には身分証明書や給与証明書や収入証明書が必要となる場合もあるので、きちんと取り寄せておくことが求められます。

 

この後、基本的にこの審査は営業時間内であれば30分から1時間ほどで完了し、審査が通過すれば指定の銀行口座に即日融資が行われることとなります。

 

これに対してカードローンとは窓口、ネット、そして街角の無人契約機などを使って利用申請し、それが通過すると個人の専用カードが発行されることとなります。このカードさえ持っていれば、あとは提携先のコンビニATMなどを使って深夜帯であっても簡単に融資金を簡単に引き出すことができるのです。

 

キャッシングもカードローンも迅速かつ簡単に融資金を手に出来る意味では実に頼れる存在と言えるでしょう。モビット 口コミなどTVCMでも多くのキャッシング業者が広告を流していますし、銀行にも利用できるATMが設置してあり利便性はますます増えています。

キャッシングとクレジットの違いとは?

人は日々支払いを行っており、資金が不足した場合には融資を受けることができます。

 

資金を借入れる際、使途を指定するのかそれとも指定しないのかがポイントとなります。前者には車のローンや住宅のローンなどが当てはまります。後者の無担保により借入れる方法はさらに、消費者金融などのキャッシングとクレジット会社や銀行などのカードローンに分類することができます。

 

2つの方法では似ている点が多いですが、違いはどこにあるのでしょうか。それは返済方法にあります。キャッシングをご利用になり返済する場合、翌月一括払いとなります。一方カードローンをご利用になり返済する場合、原則リボルビング払いにより月々の分割払いとなります。一般的に返済期間が長期間の場合の方が、短期間の場合と比べて金利が低い傾向にあります。

 

そしてカードローンをご利用になる場合は長期間の付き合いとなり、キャッシングをご利用になる場合においては短期間の付き合いとなります。そのため金利を重視する方には、クレジット会社や銀行などのカードローンをご利用になることをオススメします。

 

ちなみにクレジットカードの機能には様々なものがありますが、中にはキャッシング機能を有したものが存在します。利便性が良く欠点が無いように見えますが、消費者金融 キャッシングの方が限度額を高く設定できます。

 

どの方法も万能ではなくメリットデメリットが存在するため、ご自身により合う方法を選択しましょう。

キャッシングの審査で意識すべき2つの点

審査はキャッシング申し込みではほぼ確実に発生するものです。
その際にポイントになってくるものの1つは、お勤め先です。クレジット会社というものは、申し込み者の返済能力の有無というものを気にしているものです。果たして申し込み者に返済能力があるかどうかを確認するため、キャッシングでは審査が発生するという訳です。

 

ではどのようにして確認するかというと、まず在籍確認と呼ばれる電話連絡です。申し込みをすると、必ずクレジットの会社に対してデータを送付することとなります。その際に勤務先の情報を、クレジット会社に伝えることになります。

 

果たして勤務先で本当に働いているかどうかを確認するために、電話連絡が入るわけです。その電話連絡で何らかの不備が有った場合には、申し込みをお断りされることがあります。それともう1つ気をつけなければならないのが、そのデータが正確なものであるかどうかです。

 

というのも申し込み内容に何か虚偽の事実が含まれていると、申し込みをお断りされることがあります。クレジット会社は、申込者の申し込みデータの真偽性というものを常に確認しているものです。ですので申し込み時のデータというものは、全て「真実に基づいたもの」を入力もしくは記入する必要があるという訳なのです。

 

以上の理由によって、キャッシングの審査の申し込みの時には在籍確認と申し込みデータの正しさという2つの点を意識しておくことが重要と言えます。

キャッシングの比較をする3つのポイント

キャッシングの比較をする時のポイントというものは、全部で3つあります。

 

まず1点目なのですが、それぞれの会社の金利です。それぞれの会社によって、パーセンテージは色々異なっているものです。年利が18%という会社もあれば、15%という会社など様々です。この金利の高さが、キャッシングを比べる時のポイントの1つ目です。

 

2つ目なのですが、借り入れのスピードです。というのも会社によって、借り入れができるまでのスピードは様々異なっているものなのです。早いところは本当に早く、10秒以内に借り入れができる会社なども実在します。もっともその際には、すでに契約をしている必要があるのですが。しかし10秒ではなく、即日という表現を用いている会社などもあります。

 

即日といっても、一体どれぐらいなのかが不明なケースもあります。このように会社によって借り入れのスピードが異なっているという訳です。

 

それと3点目ですが、利用限度額です。キャッシングというものは、上限なしに借り入れができるものではありません。必ず上限が決まっています。それぞれの会社によって限度額は、色々異なっているものです。会社Aの場合は300万円までが上限ですが、会社Bの場合は500万円までといった具合です。

 

ですのでこの利用限度額も、キャッシングの比較をする時のポイントの1つということになります。以上の「金利」と「融資スピード」と「利用限度額」の3点が、キャッシングの比較をする時の主なポイントという事になります。

キャッシングのおすすめの使い方

銀行や消費者金融等でキャッシングの申込みをして、キャッシングが可能になったとしても使い方には注意が必要ですし、使い方次第ではお得に使う事が出来ます。

 

キャッシングを行なったら、利息を揃えて返す必要があるので、出来るだけ完済までの時間を短く使うのがおすすめの使い方です。完済しない間に新たにキャッシングを行ってしまう方も多いですが、そうなると借入の総額が膨らんできて、膨れ上がった総額に対して利息がかかってくるので危険です。

 

やはり完済してしまってから、次の借入に入るという使い方が望ましく、また、サービスの特徴を知っておく方が良いです。

 

サービスの中でも無金利で借りれらるサービスがあると、上手く使う事で利息を払う必要無く融資を受ける事が出来ます。

 

業者によって無金利キャッシングが無い所もありますし、ルールも違うのですが、初回借入時のみ一か月無金利であったり、5万円までなら180日間無金利というサービスがある所もあります、また、何回目の借入でも10日間だけ無金利になるという風に各業者によって内容は変わりますが、そういったサービスを活用する事はおすすめの使い方です。

 

やはり借金である事には変わりないので、完済までのルートを明確にしておく方が良いです。借入を行った場合は、必ず返済の計画表を作って、その計画表通りに完済に向かっていくと、変なタイミングで新規で借入を行なったり、支払が滞る事が無いので、計画を作るのはおすすめです。


ホーム RSS購読 サイトマップ